どうしても欲しい物があってキャッシングを利用した清野(仮名)さんの体験談

私は派遣でIT関連の会社でパソコンや携帯情報端末機器向けのアプリケーションプログラムの作成を行っています。
主に使用するのはC言語で、たまにアセンブラを使用することがあります。
自宅から職場までは距離があり、通勤は電車を乗り継いで片道2時間かかります。
電車に乗っている時間が長いためこの間を有効活用使用と思いました。

そこで電車に乗っている間でもプログラミングができるようなモバイルパソコンが欲しくなりました。
ところが手元にはほとんど貯金が無いので、少し悩みましたが銀行のカードローンから5万円ほどキャッシングしてパソコンの購入費用に充てる事にしました。
こちら(⇒学生キャッシングGK45|即日借りたい学生におすすめキャッシング)のサイトでさらに詳しくみる。

仕事の帰りに駅の近くのATMから5万円をキャッシングしてから電機店に行ってモバイルパソコンを購入てきました。
このパソコンに簡易版のC言語のコンパイラーをインストールして通勤時間や職場でもプログラムの記述に使用しています。
キャッシングしてモバイルパソコンを購入できたおかげで時間を有効に活用できて助かりました。