オリエンタルの肌とは・・・

アメリカのクリニーク、エスティローダ、メイベリン、フランスのデザイナーブランドの化粧品を美しく成りたい一心で、大枚のお金をはたいて買い求め使ってきました。
長い間、それらの化粧品がきれいにしてくれるとばかり思っていましたが、これは大間違いだった事に気が付きます。

こうなると、信仰が崩れたような大きなショックでした。

西洋型の化粧とは、購入する事でそのグループに参加している状態を作り出します。
ところが日本を始めとする東洋の伝統的な身嗜みや美容は、身の回りの物を使い確実に結果を出して日常の中に美を作り出します。

昔の日本の女性が使って居た、鶯のフンや紅絹に入れた粉糠で肌を磨くやり方は、しっとりと艶の有る髪と肌を作っていました。
決して界面活性剤で皮脂を落とし、香料でごまかし、肌のトラブルを抱えてなくような事は有りませんでした。

肌が持つ資質と素材を応援する自然の恵みを使う事で、私は自分の肌を誇れる様に成りました。
バストアップグッズ